ワンピースの完結まで見届けるブログ

ONE PIECE ブログ[八十三巻] 第837話〝チョニキ〟 感想



今回の扉絵で気になるのが、シャンクスがある島で誰かの結婚式に出席しているということです。誰の結婚なのかまったく見当もつきませんが、きっと読者も知っている人物なんだろうなと思います。


f:id:op33:20190204220103j:image

 

 

 

サンジと共に侮辱されたルフィは、躊躇することなく相手にとっかかっていきますが、さすがに8億6千万の懸賞金相手はキツイ。ルフィも最初から全力です。

 

ルフィの攻撃で急に見知らぬ人物が現れたと思うと、なんとそれは今まで戦っていた千手のクラッカーでした。まるで別人です。


f:id:op33:20190204220229j:image

 

〝ビスビスの実〟のビスケット人間ということで、ビスケットを自在に操り、鎧をつくっていたのです。「叩けば増える」的なやつですね。

 

 

一方で魔女に鏡の中に閉じ込められてしまったチョッパーとキャロット組。

チョッパーが自分の事を「アニキと呼べ」と言うと、キャロットは「チョッパー」と「アニキ」がミックスされて「チョニキ」と呼んでしまう。

 

f:id:op33:20190204220341j:plain

 

フランキーのようにアニキと呼ばれることに憧れているのかなと思ったら可愛いです。

 

 

 

 

 

ONE PIECE ブログ[八十三巻] 第837話〝ルフィVS.将星クラッカー〟 感想

ルフィの前に立ちはだかってきたビッグ・マムの息子〝千手のクラッカー〟。

意外にもルフィよりも3億以上賞金額が上です。


f:id:op33:20190204214547j:image

 

こんなところで戦っている場合ではないのですが、ルフィは戦いを挑みます。

 

二年前にルフィより一足先にこの土地にやってきた〝最悪の世代〟はビッグ・マムに出会うこともなく、島から敵わずはじき出されたという。

それくらい四皇ビッグ・マムの手下は強いというわけです。

 

ナミが魔女に引き込まれそうになると、ローラの父が助けてくれます。

この父が味方でいてくれると結構心強いと思います。

そして新クリマ・タクトを初めてくらったのは、この魔女でした。

そして、ナミはビッグ・マムのビブルカードさえ持っていれば、余計な敵とは戦わなくて済みそうです。

 


f:id:op33:20190204214637j:image

 

 

ONE PIECE ブログ[八十三巻] 第836話〝ローラがくれたビブルカード(命の紙)〟 感想

ローラの父親だというこの男は、ビッグ・ママに捨てられたが、未だに娘二人に会いたいという。ナミはこの男がローラの父親だということを知り、初めてローラの言っていたママとはビッグ・マムのことだったということに気づきます。


f:id:op33:20190204212936j:image

 

しかし「口の軽い男だ」と、男がビッグ・マムの息子に殺されそうになると、そこはルフィが助けます。

 

ナミは思い出したようにローラから貰った〝ママのビブルカード〟を取り出すと、森の生き物たちは一斉に慄きはじめます。

どうやら、ナミの持っているビブル・カードから波動のようなものが発せられているみたいで、ナミの元には近寄ってきません。

ここで戦っていては、時間と体力を消耗してしまうので、かなりラッキーな状況です。

 


f:id:op33:20190204213026j:image

 

ナミについて逃げれば、全員無事に逃げ出すことができそうですが、ルフィがビッグ・マムの息子と勝負をつけないと気が済まないようです。

 

 

ONE PIECE ブログ[八十三巻] 第835話〝魂の国〟 感想

ルフィ一行のいる〝誘惑の森〟はカオス状態になっていました。

ナミは魔女に捕まったあと、最新のクリマ・タクトで魔女から逃れることができましたが、今度はキャロットが鏡の中に閉じ込められてしまう。


f:id:op33:20190204202305j:image

 

ここで一行は初めて自分たちがビッグ・マムに泳がされていたということを知ったのでした。

 

チョッパーが魔女と戦っている隙にナミはルフィの元に逃げてくることが出来ましたが、そこにはまだ巨大な人間が埋まっている。

 

この人間がビッグ・マムの能力の秘密を教えてくれました。

この不思議な森は、ビッグ・マムの〝ソルソルの実〟の能力で森色々なものに期間限定で魂を吹き込み擬人化していたのです。


f:id:op33:20190204202401j:image

 

 

このルフィ達の味方でもなく、敵ではない人物はなんとビッグ・マムの元旦那

だったのです。娘が二人生まれてからすぐに捨てられたという。

絶対ローラとシフォンのことだと思いました。

 

「埋まっている方が好きだ」というその人間が、何者かによって思い切り引っこ抜かれる。ビッグ・マムの10男の〝シャーロット・クラッカー〟です。

そして引っこ抜かれた男は自分の二人の娘についてを話すと、ナミはここでやっとこの男がスリラーバーグで出会った〝求婚のローラ〟の父親だということに気が付くのです。


f:id:op33:20190204202449j:image

 

ONE PIECE ブログ[七十九巻] 第834話〝おれの夢〟 感想

サンジは天竜人の奴隷の首についているのと同じものを手にはめられてしまい、いよいよ逃げられない状況になってしまいました。

子供を自分の都合のいい道具のように扱う酷い父親です。

父親とその子供しか登場していませんが、母親はどんな人物だったのかが気になる。

 

 

ルフィ達とは別行動をしていたブルックとペドロは、プリンの居場所を突きとめました。約束の場所に現れなかった理由は、裏切ったわけではなく、結婚式の準備に足止めをくらっていたのです。

 

ここで驚くべき事実が明らかになります。

こっそりとバレずに船を進めてきたはずの一行でしたが、なんとビッグ・マムの耳にはもう入っていたのです。


f:id:op33:20190204004940j:image

 

ルフィ達が森で変な罠にかかってしまったのは、ビッグ・マムの思惑通りだったというわけです。

 

ブルックとペドロは行方不明ということになっているので、この二人がこの先の明暗の鍵を握ることになると思います。

 

 

消えたぺコムズは、ギャング・ベッジに捕まっていた。

なんとギャング・ベッジは結婚して子供までいます。


f:id:op33:20190204005026j:image

 

相手はスリラーバークで出会った〝求婚のローラ〟にそっくりの

〝シャーロット・シフォン〟です。

そっくりすぎるので、たぶん、父親が同じか双子なんだろうと思う。

子供にひげが生えていて、葉巻っぽいものを咥えているのが恐すぎる。

顔がすでにおっさんです。

ギャング・ベッジがいいお父さんをしているのが意外でした。

 

ギャング・ベッジはぺコムズを海へ打ち落とした。

 

 

肝心のビッグ・マムですが、さすが忙しい人です。今度はシーザー・クラウンに会い、科学実験の進み具合を問いますが、シーザーはそのつぎ込まれたお金を研究には使わず散財しています。この憎たらしい顔がくせになりそうです(笑)


f:id:op33:20190204005551j:image

 

しかもガールズシップなるものに使ったということで、「こういう奴現実にもいるよな」と思いさらに憎たらしくなります。

 

 

子供を巨大化する実験はビッグ・マムの夢のためだったのです。

一見良いことを言っているようにも見えるのですが、その裏側には恐ろしい欲望が渦巻いているようです。

 


f:id:op33:20190204005628j:image