ワンピースの完結まで見届けるブログ

ワンピースブログ [六巻]  第47話 海賊艦隊提督〝首領・クリーク〟

f:id:op33:20160817164240j:plain

いかにも強そうな、ドンクリークが海上レストラン『バラティエ』を乗っ取ろうとします。

クリークが餓死寸前の仲間たち100人分の飯を用意しろと、コック達に命令しますが、自分たちの手で敵を増やすことなどありえないので、コック達は断固拒否。

 

 

がしかし。サンジはこれまた、100人分の料理を用意しようとするんですね。

そんなサンジにさすがのコック達もブチ切れ。

囲んでみんなサンジに銃を向けます。

自分たちの命がかかっていますから。

 

 

ギンも、クリークがこんな手段に出るとも思ってもいませんでした。

 

それでも、サンジは悪党だろうがなんだろうが、食いたい奴には食わせると料理を用意しようと思います。

 

きっとそれがサンジのコックとしてのポリシーなんでしょう。

というか、自分が餓死寸前を経験したので、そのまま見過ごすことがきっと出来ないんでしょうね。

 

そんなサンジをよそに、コック達はクリークに攻撃を始めますが、

なんと鋼の鎧を着ているので、クリークに攻撃は効きません。

それどころか、攻撃し返されます。

 

全身を武器で纏っているのです。

 

そんなどうしようもない中、オーナーゼフが現れます。

なんと、100人分の飯をクリークに差し出したのです。

これには周りにいる全員が驚く。

 

そして、ゼフはクリークに対して、「グランドラインの落ち武者よ」と吐き掛けます。

しかし、そんな言葉にも動じないくらいに、クリークはゼフの存在に驚いています。

 

ゼフは、グランドラインに入り、無傷で帰った男と、名のある海賊だったのです。

 

 

 

と、ここで47話は終了です。

 

一見仲悪そうには見えますが、

サンジとゼフには同じ心情があるということが窺えますね。

 

 

ここら辺のSBSもまだ普通です。

もうすでにパンダマンがちらほら登場しているみたいです。

 

パンダマンのブランドなどがもしあれば、私も是非欲しいですね。