ワンピースの完結まで見届けるブログ

ワンピースブログ [十巻]  第85話〝三刀流対六刀流〟

ゾロ対はっちゃんです!

 

 

ハチは、後々に愛らしいキャラとして再登場しますが、ここでは憎ったらしいただの敵です。

 

 

 

鷹の目との戦いで、刀を一本しか持っていないゾロはヨサクとジョニーに

刀を一本ずつ借りて、ハチと戦います。

 

 

鷹の目から受けた傷の処置をしていないので、なんとも痛々しいです(=_=/

 

 

ゾロの攻撃に「刀狼流し」というものがありますが、スリラーバークで出てくる、

「鼻歌三丁」という攻撃に似ています。

 

 

数秒後に斬られた事に気づくというものですね。

 

 f:id:op33:20161106023416j:plain

 

三本の刀じゃ六本の刀には勝てないと思い込んでいるハチですが、

ここでゾロの名言が出ます。

 

「三本でもおれとお前の剣の一本の重みは同じじゃねえよ!」

 

 

それを聞いたハチは、勘違いします。

「こう見えてもおれの剣は300キロだ!」

 

 

 

 

違うんです!

ゾロは、重量的な事を言っているのではないのです!

 

 

 

 

ゾロの刀にはクイナとの誓いが入っています。

その信念の重さの事をゾロは言っているのです。

 

 

 

 

 

理解のないハチに、

「バカには返す言葉もねえ」

 

 

 

と、攻撃を再開します。

確かに、信念やら誓いやら野望やらの類は目には見えませんからね。

わからない人にはさっぱりわからないでしょう。

 

 

 

 

何が何でも勝ち続けて頂点に立つという、ゾロの信念。

かっこいいなと思ってずっと見てきました。

 

 

 

これは若ゆえの踏ん張りです。

この年代の人にしかできません。

 

 

 

野望むき出しのまさに野犬です!

 

 

 

 

眼中にないと、ハチは吹っ飛ばされます。