ワンピースの完結まで見届けるブログ

ワンピースブログ[四十巻] 第383話〝ルフィVSブルーノ〟

 



f:id:op33:20180701174026j:image

ルフィと最初に戦うことになったのはCP9のブルーノです。

ウォーターセブンでスパイとして酒屋の店主をやっていました。

 

ブルーノによると、全世界で世界政府の加盟国は170ヵ国。

ワンピースの世界では何ヵ国が存在するのかが気になるところです。

 

しかし、世界政府を敵にまわすという事は全世界を敵にまわすという事。

しかしルフィには関係ない。

ルフィには権威というものの概念がないような気がする。


f:id:op33:20180701173927j:image

 

余裕の表情で、CP9の【六式】の中の一つ【鉄塊】をするもあっさりと破られてしまうブルーノ。

ドン・クリークの鋼鉄の鎧を破壊した男なので、ブルーノの鉄塊ではふさぎきれないでしょう。


f:id:op33:20180701174116j:image

 

f:id:op33:20180701174140j:plain

 

更に【剃】(瞬間移動)も意味が無く、攻撃されてしまった。

 

屋敷で一回戦っており、その時はルフィは本気の力を出していなかったので、完全にブルーノはルフィの事を弱いと勘違いしていました。

 

 


f:id:op33:20180701174247j:image

一方ゾロチームはというと、ソドムとゴモラの背中に乗ってロビン、フランキーの元を目指す。

しかし、ウソップ(そげキング)がいない‼

ナミが心配しますが、心配したところで引き返すことはできません。

 
f:id:op33:20180701174213j:image

 

ゾロの言う通り、ウソップはそこまで簡単に死ぬ奴ではない。

ちゃっかり生きているタイプです。特にこういった戦場では臆病者が一番生き残りやすい。