ワンピースの完結まで見届けるブログ

ワンピースブログ[四十四巻] 第430話〝降りそそぐ追想の淡雪〟

 

そういえば前回429話ではそげキングが仮面を外し、普通にウソップとして戦っていました。違和感がなさすぎて全然気が付きませんでした。f:id:op33:20180810132734j:image

 

ナミが船内を探しますが船にはもちろん誰も乗っていません。

仲間達は全員「確かに声が聞こえた」といいますが、それが誰の声なのかを不思議がっています。f:id:op33:20180810132731j:image

 

フランキーとウソップだけがメリーの化身だということを確信しているようです。

以前二人でその話をしていましたからね。

ウソップに関しては化身を空島で目撃までしています。f:id:op33:20180810132721j:image

 

そんなメリー号の元に、ガレーラカンパニーの船がお迎えにやってきました。

アイスバーグさんが本当に信じられないというような表情をしています。

トムさんを連れていかれてしまっているし、ほぼ望みなしと思っていたのかもしれません。

 

ガレーラの船を見たとたんにメリー号は壊れてしまいました。

f:id:op33:20180810132438j:plain



こんな荒波を越えて助けに来てくれたメリーとまだ旅を続けたいという気持ちは一味全員同じでしょうが、アイスバーグさんは「眠らせてやれ」と諭します。

 


f:id:op33:20180810132730j:image

ここでアイスバーグさんの回想が入りますが、実はメリー号がアイスバーグさんに「もう一度だけ走りたい」と頼んでいたのです。

 

アイスバーグさんの一言に、一味は決心します。

f:id:op33:20180810132143j:image

ウソップも、心が決まったようです。

 

最後の最後にメリー号の声が聞こえてきました。


f:id:op33:20180810132414j:image

これは麦わらのメンバーだけではなく、大工達にも聞こえています。


f:id:op33:20180810132310j:image

本当に涙してしまう場面ですが、フランキーの涙もろさに泣き笑いしてしまいます。