ワンピースの完結まで見届けるブログ

ONE PIECE ブログ[六十二巻] 第607話〝海底1万m〟

海底火山が爆発するということで、もともと海の住人である海坊主(ワダツミ)達も撤収します。そして、一味の船も、クラーケンに引っ張られ、一目散に逃げだします。

そして火山は爆発した。

ルフィやウソップのように生で見れるものなら見たいですけど、実際は死ぬでしょう。

一味の旅は、二年前よりももっと刺激的になっています。

新世界がどれだけぶっ飛んだ場所なのかが気になる。

 

ナミのログポースが指しているのは、真っ暗闇の海底です。

 この暗闇の先に魚人島が存在するということになります。

 

ルフィの命令でクラーケンはその真っ暗な闇に飛び込みます。

後ろから追いついてきた火山の土砂に船はのみ込まれそうになりますが、ここでウソップの出番です。

ウソップの武器から巨大な海藻が飛び出して土砂をせき止めることができました。

 

そしてそのまま落下してたどり着いたのはとても澄み渡った綺麗な場所。

海底1万mの海溝の底です。

あんな暗闇の真下にこんなに澄み渡った場所があるなんて誰も想像できないでしょう。


f:id:op33:20181204160845j:image

 

 

そして一味が上を見上げるとそこにあったのは、〝魚人島〟です。

やっとたどり着きました。

誰もが待ち望んだ島で、サンジに至ってはイーストブルーからずっと楽しみにしていましたよね。

 

魚人島がもうすぐ目の前にあるというところで現れたのが、見たことのないような恐ろしい海の生き物たち。

陸にいるような動物たちが、海の底を泳いでいるのがこわいところです。


f:id:op33:20181204160923j:image

 

この海獣たちを操っていたのがアーロンが敗れたその後に結束された〝新魚人海賊団〟です。

アーロンを倒したことは恨んでいるが、天竜人をぶっ飛ばし、ハチを庇ったことには感謝をしているとのこと。

 

この魚人が望むのはルフィが魚人の傘下に入るということ。

しかし、もちろんルフィはそれを拒否します。