ワンピースの完結まで見届けるブログ

ONE PIECE ブログ[七十一巻] 第702話〝コリーダコロシアム〟 解説と感想

盲目のため、今までお金をむしり取られていた男は、一瞬にしてインチキ達を消し去ってしまった。店の床には大きな穴があいてしまい、さすがの一味もこれには驚きです。


f:id:op33:20181221012220j:image

 

ルフィが「何者なんだ?」と聞くと、「知らない方がお互いのため」とその場を去ってしまいます。ということは、盲目の男はルフィのことを知っている可能性が高いです。

 


f:id:op33:20181221012251j:image

 

 

盲目の男に気を取られているうちに、店中の人のバッグや財布、さらにはゾロの刀までもが盗まれてしまいます。一瞬あの盲目の男が!?となりますが、犯人は違います。

 

「妖精が持って行ったんだ」とオモチャが言うと「それなら仕方がない」と盗まれた人たちは諦め始めます。しかしそれでゾロが納得するはずがありません。

ワノ国のサムライ(ゾンビ)からもらった大事なゾロの刀です。

 

と、ゾロは盗まれた刀を発見する。ゾロの刀が引っかかって犯人は外に出られなくなっていたのです。ゾロと錦えもんがその刀の行方を追います。


f:id:op33:20181221012335j:image

 

ルフィとフランキーは、ドフラミンゴの部下を捕まえて問い詰めると、今日〝コリーダコロシアム〟が開催され、そこでかつてはエースが生前に持っていた能力〝メラメラの実〟をかけての闘いが行われるという情報を入手する。

さて、ルフィはどんな反応をし、どう動くのか。

 


f:id:op33:20181221012421j:image