ワンピースの完結まで見届けるブログ

ONE PIECE ブログ[八十一巻] 第813話〝お茶会の招待状〟 感想

<

〝サンジの結婚式〟というまさかの展開です。

ワンピースの世界観で〝結婚〟という概念を持ち込んでくるとは思いませんでした。しかもそれは一番程遠そうなサンジです。

サンジの懸賞金だけ〝生け捕りのみ〟という理由がここでわかります。

 

サンジについてはファーストネームが明かされていないことや、元はノースブルーの生まれなのにイーストブルーで出会ったことなど、そこそこ謎な部分がありましたが、ここで色々と明かされていくこととなります。

 

サンジの苗字は〝ヴィンスモーク〟とのことで、なんとなくのイメージですがサンジらしくオシャレな感じがします。

そして、サンジはその名の通り三男であったということ。

他の兄弟がどんな顔をしているのかが気になる。他の兄弟もサンジと同じく女好きなのでしょうか。

 

サンジの名前を知ったブルックは、何かを知っているような雰囲気です。

ブルックは80年以上生きているので、他の仲間が知らないようなことも知っているのでしょう。


f:id:op33:20190129232448j:image

 

 

そしてサンジの結婚相手とされているのが、ビッグ・マムの娘ということで、サンジがもし結婚してしまえば、必然的にルフィはビッグ・マムの傘下に入ることとなってしまいます。

 

そんなことは誰もが許すはずがない。


f:id:op33:20190129232541j:image

 

 

 

しかビッグ・マム傘下の海賊がサンジに耳打ちをすると、サンジは表情を変え、一味から一旦離れることを決意します。

そしてルフィへの置手紙を書いて、一人旅立つこととなるのでした。

 

 

「仲間に隠し事をしてたつもりはない」というサンジの言葉が、深刻さを物語っています。一体サンジにはどんな過去があったというのか。


f:id:op33:20190129232642j:image

 

一時期はウソップやロビンが離れていきましたが、今度はサンジだったか。